企業理念


◆企業理念:「健康経営の推進」「地域社会への貢献」「無意識の価値を高める」

「健康経営の推進」人も会社も、すべてが健康であること~オールヘルスカンパニー~

 

社長

 私たちは、企業にとって一番大切なことを、お届けする商品の品質の高さや安全はもちろんのこと、「社員とその家族、そして環境や経営など、関わるすべてのものが健康であること」だと考えます。
 そこで、全国健保険協会愛媛支部にご協力頂き、平成28年11月25日「健康づくり推進宣言」を行いました。健康診断の実施、社内に相談窓口や総合フィットネスジム「Stay Healthy Club」の設置など、社員の健康づくりへの取り込みをサポートし、健康経営に取り組んでいます。


中央道路株式会社は「健康経営優良法人2017(中小規模法人部門)」に認定されました。

 

「地域社会への貢献」未来につながる道づくりを目指して

社長

 
 中央道路株式会社は、昭和58年1月7日、舗装事業を中心として経営をスタートさせました。
現在も変わらず舗装事業が主体であり、インフラ整備に深く携わる私達は「企業経営そのものが社会貢献である」という認識のもと事業を展開しています。災害発生時の社員と、その家族の安全確保はもちろんのこと、復旧作業、支援には迅速に取り組み、地域社会に貢献して参ります。

 

「無意識の価値を高める」自ら考え、行動する人材の育成

社長

 

 一日の行動のほとんどは無意識で行われていると言われています。私達は、日常のあたり前な行動を、意識せずこなせる「価値のある無意識」を高めるために、「きれいな職場は安全です」をスローガンに【5SY】(躾、清潔、清掃、整頓、整理、優しさ)に取り組んでいます。それらは、自分で考え、率先して行動できる人材を育成するとともに、職場だけでなく、お客様や地域の皆様との関わりも豊かにしてくれると信じています。



会社沿革

1983年 1月 7日
中央道路株式会社 設立

2008年
中央道路株式会社 養殖事業部 設立
四国中央市川滝町の養殖場にて、1000匹のチョウザメ養殖を開始

2013年
四国中央市金田町朝倉にて、キクラゲ栽培を本格的に開始

2014年
チョウザメ第1期養殖個体より、キャビアの採卵に成功

2014年
中央道路株式会社 大阪営業所 設立
チョウザメ・キャビアの販売と、チョウザメから採れるプラセンタ配合の
化粧品開発に着手

2016年
チョウザメの卵巣膜から採れるアミノ酸コラーゲン「スタージオンプラセンタ」
配合の第1弾商品【スタージオンロイヤルマスク】が完成

2017年
スタージオンプラセンタ配合第2弾商品【スタージオンロイヤルセラム】が完成